昭和仕様 その4

下処理まで、終わってよし組上げるぞ、、と思いながらも

フレーム、フォーク以外何もないパーツ。

まぁパーツ位すぐ見つかるやろなんて気持ちでいたら、これがとんでもない、、

16インチの幼児車なんぞ、まずフレームから組み立てるなんてだれもが想像しないで

あろうというか幼児車のパーツなんぞあるのかと思いながらまずはパーツ探し

とりあえずはホイールからなんて思いながら日々フリマ、オークションサイトを眺める日々

が数日。

純粋にホイールだけなら、パーツで取れるですがアルミ地かプラホイールが殆ど

仕上げたいのは国産旧車仕様、やっぱりギラギラのポリッシュホイールが良い…

できれば、深リムイメージでタイヤに対して幅の細いやつ、

そして16インチというレア度マックス

諦めず探してると、ある日フリマサイトに見つけた瞬間即買いしましたよ。

久々に大興奮、いやー神様ありがとう。

そして到着

若干の白サビがありますが、このあたりは全力で後程コダワリ発揮という事で、

取り合えず分解

しかし、このハブ小さい…使わないけど中々見ない代物なのでとりあえず

記念に保管。まぁいつか、対応車種きたら使うかな。

そして、先ほどの白サビ除去に色々考えた上にメッキ剥がして地金を磨く事に

メッキはいずれ浮く可能性もあるし、そこまで乗るか分からんけど、、

ド定番?かなパイプフイニッシュと、少々の秘密の薬剤でつけ置き、数時間、、

メッキ剥がし完了。地金登場

こうやって見ると分かるかな。

とりあえず、完全に地金を出した状態に、、

ここから、遠い昔の経験を元に磨きでビカビカに仕上げていきますよ。

その5に続く